Go to main navigation
1833 Kalakaua Ave, #408, Honolulu, HI 96815
Free Consultation 808-695-3560 808-695-3560

H-1Bビザの「専門職」の要件とは?*

H-1Bビザの「専門職」の要件とは?*

H−1Bビザは特殊技術や知識を持つ専門職に従事する外国人を対象とした専門職者ビザです。通常、このビザは高度な技術のある外国人労働者や外国人の米国大学卒業生にとって、米国で長期的に働くために最も現実的なビザです。しかし、近年の不況に伴い、従事する職務が専門職の定義に満たしていないという理由で、H−1Bビザ申請却下が増加しています。従って、H−1Bビザの申請をご検討の場合、専門職の定義をしっかり理解するのが非常に重要です。

Q:専門職の審査基準は何でしょうか。

A:専門職であると見なされるには以下の基準のうち少なくとも1つは満たさなければなりません。

① その業種において学士号以上(もしくはそれに匹敵する経験)の資格を保持していること

② 学士の学位授与の要件は、同等の職務において、その業界を通して要求されます。もしくはその職務は学士号以上を保持する者でないと遂行できないほど、専門的、複雑かつ特殊であること

③ 雇用主がその職務に従事する者に対し、一般的に学士号以上を必要としていること

④ 職務内容が専門的かつ複雑であり、その職務を行うには、通常その学士号以上の知識が必要であること

上記の基準の中で、①の基準を重視する傾向が強いです。つまり、大学を卒業していなくても就業できる職務でのH−1Bビザ取得は難しいでしょう。

Q:移民局は特定の職務に対し、学士号が要求されるかどうかは何を参考に判断していますか。

A:移民局はほぼ完全にOOH(Occupational Outlook Handbook)という米国労働省が出版している職業観測便覧を基盤としています。OOHには数多くの職業について、仕事内容や、労働条件、必要資格、将来的な需要観測、給与などの情報が含まれています。また、雇用主が学士号を必要としているかどうかの情報も明確に記載されているため、最も①の基準が関係しています。

Q:もしOOHで自分の仕事に対し、必ずしも学士号が要求されていない場合、どうしたら良いでしょうか。

A:①以外の基準に集中するべきでしょう。例えば、③の基準の場合、同等の職務において他の者が持っている学位、もしくはその前任者が持っていた学位を提出すれば良いでしょう。又、④の基準の場合、その業界における同等の職務と比較し、どうして自分の職務内容が特に専門的かつ複雑であるかを説明する専門家からの手紙を提出できます。

* ハワイの日本語新聞”日刊サン“に掲載されたコラム記事です。