Go to main navigation
1833 Kalakaua Ave, #408, Honolulu, HI 96815
Free Consultation 808-695-3560 808-695-3560

米軍職員の家族と移民法*

米軍職員の家族と移民法*

ハワイに拠点を置く現役の兵士がおよそ4万人近くに昇り、ハワイにおける米軍の存在感は依然として大きいです。そして日本に勤務する米軍職員がハワイに移動する際、日本人家族をスポンサーし、ハワイに連れて行くことをよく見られます。原則として、米軍職員の家族は皆に平等に適用される移民法に従わなくてはなりませんが以下に彼らのビザ申請手続きが通常の手続きと異なる例を要約します。

Military coupleQ: 婚姻を通して永住権を申請する時、軍人の配偶者として提出するべき書類は?

A: 米軍職員と結婚した後、米政府からの様々な福利厚生を受けるには国防省登録資格報告制度(略:DEERS)の登録等の終えるべき手続きが沢山あります。従って、婚姻を通して永住権を申請する際、通常の書類の他にDEERS の入会申込書、軍人身分証明書、生命保険契約等の米軍人の配偶者にしかない書類の提出が期待されます。

Q: 永住権の申請を始め、面接の通知が届きました。やはり米国外に駐留する場合でも夫が面接に同席しなくてはなりませんか。

A: 普段は夫婦とも永住権の面接に同席しますが、ご主人が海外勤務のため、面接に帰ってこられない場合、米政府の命令を面接に持っていけば彼の出席免状が認められます。

Q: 夫が海外勤務で署名できない場合、条件付永住者の条件解除するには?

A: 条件付きグリーンカードにその条件を解除するにはグリーンカードの有効期限が切れる90日前から I-751請願書を提出しなければなりません。ご主人がI-751請願書に署名できない場合、正式命令や部隊長からのレター等の海外勤務を証明できるものとを添付すれば、サイン無しでも移民局は請願書を受け付けます。

Q: 米国外に駐留する夫と居住している場合、やはり永住者の資格を失いますか。

A: 本来なら永住権を失わないように米国内に住所を維持する必要がありますが、移民法の下で米軍職員の家族は海外勤務を考慮する特別扱いにします。従って、米国外に駐留する家族との同行を許可する米政府の命令のコピーを保管するべきです。

Q: 米軍職員の配偶者の場合、帰化手続きを促進する方法がありますか。

A: 米軍職員の配偶者と子供は市民権獲得を迅速化する法律の対象となります。その法律の下で市民権を申請するには 通常の手続きに加え、米軍配偶者の海外勤務を証明することと 帰化する際、米国外に米国市民の配偶者と居住することと海外勤務が終了した後すぐに米国に米国市民の配偶者と居住する決意を誠意を持って表明します。

ハワイに拠点を置く現役の兵士がおよそ4万人近くに昇り、ハワイにおける米軍の存在感は依然として大きいです。そして日本に勤務する米軍職員がハワイに移動する際、日本人家族をスポンサーし、ハワイに連れて行くことをよく見られます。原則として、米軍職員の家族は皆に平等に適用される移民法に従わなくてはなりませんが以下に彼らのビザ申請手続きが通常の手続きと異なる例を要約します。

Q: 婚姻を通して永住権を申請する時、軍人の配偶者として提出するべき書類は?

A: 米軍職員と結婚した後、米政府からの様々な福利厚生を受けるには国防省登録資格報告制度(略:DEERS)の登録等の終えるべき手続きが沢山あります。従って、婚姻を通して永住権を申請する際、通常の書類の他にDEERS の入会申込書、軍人身分証明書、生命保険契約等の米軍の配偶者にしかない書類の提出が期待されます。

Q: 永住権の申請を始め、面接の通知が届きました。やはり米国外に駐留する場合でも夫が面接に同席しなくてはなりませんか。

A: 普段は夫婦とも永住権の面接に同席しますが、ご主人が海外勤務のため、面接に帰ってこられない場合、米政府の命令を面接に持っていけば彼の出席免状が認められます。

Q: 夫が海外勤務で署名できない場合、条件付永住者の条件解するには?

A: 条件付きグリーンカードにその条件を解除するにはグリーンカードの有効期限が切れる90日前からI-751請願書を提出しなければなりません。ご主人がI-751請願書に署名できない場合、正式命令や部隊長からのレター等の海外勤務を証明できるものとを添付すれば、サイン無しでも移民局は請願書を受け付けます。

Q: 米国外に駐留する夫と居住している場合、やはり永住者の資格を失いますか。

A: 本来な永住権を失わないように米国内に住所を維持する必要がありますが、移民法の下で米軍職員の家族は海外勤務を考慮する特別扱いにします。従って、米国外に駐留する家族との同行を許可する米政府の命令のコピーを保管するべきです。

Q: 米軍職員の配偶者の場合、帰化手続きを促進する方法がありますか。

A: 米軍職員の配偶者と子供は市民権獲得を迅速化する法律の対象となります。その法律の下で市民権を申請するには通常の手続きに加え、米軍配偶者の海外勤務を証明することと帰化する際、米国外に米国市民の配偶者と居住することと海外勤務が終了した後すぐに米国に米国市民の配偶者と居住する決意を誠意を持って表明します。

* ハワイの日本語新聞”日刊サン“に掲載されたコラム記事です。