Go to main navigation
1833 Kalakaua Ave, #408, Honolulu, HI 96815
Free Consultation 808-695-3560 808-695-3560

米国内で宗教活動するための非移民ビザと永住権*

米国内で宗教活動するための非移民ビザと永住権*

米国移民法の下では宗教的な活動を行うことを目的として米国に入国するための非移民ビザまたは永住権申請ができます。永住権を求める場合、まず雇用主になる宗教団体が提出した請願書I-360が許可されると特別移民資格を取得することができます。そしてその特別移民資格に基づき、永住権申請ができます。一時的にアメリカに入国する場合、請願書I-129を提出し、Rビザを取得しなければなりません。特別移民資格請願に必要な補足種類はRビザの申請条件に加えて、請願直前の2年間、宗教活動家として働いたことと、宗教団体が永住権申請者に支払う報酬の資産を証明する必要があります。また、近年、米移民局(USCIS)は 宗教活動家の請願にビザ詐欺をより慎重に審査するようになりましたので、徹底的に補足書類を揃った上で、請願書を提出すべきでしょう。

R-1 religious worker visaQ:Rビザ申請に必要な書類を教えてください。

A:Rビザを取得するには請願書I-129を提出します。その請願書に必要な書類は以下の通りです。

  • 雇用主になる宗教団体からのレター
  • 宗教活動家資格申請直前の2年間、その宗教団体の一員であるという証拠
  • その団体の宗教上の礼拝を行う資格があるという証拠
  • 宗教団体が第501条(C)(3)で定義する非課税対象団体であることを決定する米国税書(IRS)からのレター
  • 支払われる給与額および食費、部屋代等その他の報酬に関する詳細
  • その報酬を支払えるように、宗教団体に十分な資金があるという証拠
  • 職務を遂行する宗教団体の勤務先の写真と、宗教団体がその場所を使用されているという証拠
  • 将来の職務を遂行する資格があるという証拠
  • 当該者は過去の米国への渡航歴

Q:米国内でRビザを保持している場合、グリーンカードを取得する可能性を教えてください。

A:他の雇用ベースでの永住権申請と違って、宗教活動家には労働局の審査を受ける条件がありません。つまり、雇用主が人材募集を行い、提供する職種に対して資格のある適切な人材が、米国人の中にいないかどうかを証明する必要がありません。特別移民資格請願は宗教活動家の報酬を支払えるように資産があるという証拠と、過去2年間、米国内で宗教活動家として働いたことを証明する必要があります。グリーンカードを申請するには特別移民資格請願が許可されることが前提です。従って、Rビザで最長5年間しか滞在できませんので、特別移民資格請願とその後の永住権申請手続きに十分な時間を取れるように、早めに提出すべきでしょう。

* ハワイの日本語新聞”日刊サン“に掲載されたコラム記事です。