Go to main navigation
1833 Kalakaua Ave, #408, Honolulu, HI 96815
Free Consultation 808-695-3560 808-695-3560

同性婚による永住権取得とは?*

同性婚による永住権取得とは?*

2013年6月に米連邦最高裁が、結婚を男女間に限ると規定した連邦法「結婚防衛法」を違憲とする判決を下して以来、同性婚を法的に認める州が相次いでいます。ハワイ州は同性婚合法化15州目となり、12月2日から、同性カップルが結婚できるようになりました。

結婚防衛法の下では、たとえ同性婚が合法化された州で法的に結婚していても連邦法で違憲だったため、同性カップルが婚姻を通して、永住権申請などの移民法上の利益を受給できませんでした。最高裁判所が結婚防衛法を無効にした後、米国国土安全保障省長官は、同性婚による永住権申請を、異性配偶者の申請と同じように審査すると発表しました。

Tie The Knot Gay MarriageQ:永住権申請の審査をする際、同性婚カップルは異性婚カップルと同等の扱いを受けますか。

A:婚姻を通して永住権申請をするには、永住権のためだけに結婚するのではないと証明する義務があり、男女間の結婚かどうかに関係なく、その申請条件に変わりはありません。しかし、公で付き合っていなかった同性カップルにとって、この証明は異性婚カップルより困難かもしれません。例えば銀行口座の開設等、何でも共同名義で登録するカップルもいれば、共同名義の書類を殆ど何も持っていないカップルもいるでしょう。

なお近い間に、お互いの親者に会ったという証拠は、偽装結婚でないことを証明する上でよく使われます。通常、家族旅行や結婚式等の写真を提出し、証明します。しかし、親が結婚に反対した、親戚が海外に住みパートナーと会えない等、様々な事情により、お互いの親戚と写真が撮れなかったこともあるでしょう。その場合、面接を受ける前に、なぜ親戚に会わなかったかを簡潔に説明できるように、準備をしておくことが大切でしょう。

Q:私は今、就労ビザを持ち、米国内に滞在していますが、やはり米国人のパートナーと結婚して永住権を取得した方が良いですか。

A:概して言えば、家族ベース永住権取得は雇用ベース永住権より、断然早いです。雇用ベース永住権を取得するには、まず、申請の役職を求人募集にて公募し、該当する能力と意志を持った米国人が存在しない事を証明しなければなりません。しかも、雇用に基づく永住権申請に対して年間発行数に制限があるため、永住権を取得するまで何年もかかる場合があります。一方、米国人との結婚に基づく永住権申請に対しては、年間発行数に制限がありません。従って、その結婚を通して滞在資格変更を申請する場合、現在、申請書提出から永住権の取得までは約3ヶ月程度です。

20136月に米連邦最高裁が、結婚を男女間に限ると規定した連邦法「結婚防衛法」を違憲とする判決を下して以来、同性婚を法的に認める州が相次いでいます。ハワイ州は同性婚合法化15州目となり、122日から、同性カップルが結婚できるようになりました。結婚防衛法の下では、たとえ同性婚が合法化された州で法的に結婚していても連邦法で違憲だったため、同性カップルが婚姻を通して、永住権申請などの移民法上の利益を受給できませんでした。最高裁判所が結婚防衛法を無効にした後、米国国土安全保障省長官は、同性婚による永住権申請を、異性配偶者の申請と同じように審査すると発表しました。

Q:永住権申請の審査をする際、同性婚カップルは異性婚カップルと同等の扱いを受けますか。

A:婚姻を通して永住権申請をするには、永住権のためだけに結婚するのではないと証明する義務があり、男女間の結婚かどかに関係なく、その申請条件に変わりはありません。しかし、公で付き合っていなかった同性カップルにとって、この証明は異性婚カップルより困難かもしれません。例えば銀行口座の開設等、何でも共同名義で登録するカップルもいれば、共同名義の書類を殆ど何も持っていないカップルもいるでしょう。

なお近い間に、お互いの親者に会ったという証拠は、偽装結婚でないことを証明する上でよく使われます。通常、家族旅行や結婚式等の写真を提出し、証明します。しかし、親が結婚に反対した、親戚が海外に住みパートナーと会えない等、様々な事情により、お互いの親戚と写真が撮れなかったこともあるでしょ。その場合、面接を受ける前に、なぜ親戚に会わなかったかを簡潔に説明できるよに、準備をしておくことが大切でしょ

Q:私は今、就労ビザを持ち、米国内に滞在していますが、やはり米国人のパートナーと結婚して永住権を取得した方が良いですか

A:概して言えば、家族ベース永住権取得は雇用ベース永住権より、断然早いです。雇用ベース永住権を取得するには、まず、申請の役職を求人募集にて公募し、該当する能力と意志を持った米国人が存在しない事を証明しなければなりません。しかも、雇用に基づく永住権申請に対して年間発行数に制限があるため、永住権を取得するまで何年もかかる場合があります。一方、米国人との結婚に基づく永住権申請に対しては、年間発行数に制限がありません。従って、その結婚を通して滞在資格変更を申請する場合、現在、申請書提出から永住権の取得までは約3ヶ月程度です。

* ハワイの日本語新聞”日刊サン“に掲載されたコラム記事です。